京都両洋高等学校

7つの習慣J

まず必要なのは、自分で選び、考え、行動を起こすこと。
主体性が身につけば、相手や周囲にも目を向け、共に考え活動する力にもつながります。
7 つの習慣に一つひとつ取り組むことで、自分自身の成長を実感できます。

進学系
進学系
進学系

人として成功するために必要な能力をまとめた世界的ベストセラーの書籍『7 つの習慣』。
アメリカなど5 カ国で4000 を超える学校にも導入されています。その内容をもとに青少年向けにアレンジしたプログラムが「7 つの習慣J®」で、その最大の特徴は、仲間たちと協力しながらアクティブラーナー(自ら考え、学び、行動し、様々な問題を解決していく人)としての考え方や習慣を身につけていけること。主体的に考え、行動する力は、卒業後の社会で必ず求められるものです。そうした力を習得するために、授業ではゲームやクイズ、ワーク、ディスカッションなどを取り入れ、五感をフルに活用します。ステップを重ねるにつれ、学校生活を送るうえでのよりよい学習環境や人間関係を自ら作り出せるようになり、自分の変化に気づきます。それは、「『人』として輝く。」という本校のコミュニケーションテーマのもと、生徒の人間力育成につながるもの。
人として成長するための習慣づくりに、本校ならではの独自のアレンジを加え、人間力教育の中心的プログラムとして実施しています。

進学系
進学系

世界的ベストセラー『7 つの習慣』をベースに

『7 つの習慣』は全世界で4000 万部、日本でも240 万部売れた世界的ベストセラー。世界中の著名人や歴史的な偉人の生き方や考え方、行動などを検証し、彼らに共通する習慣が7 つにまとめられています。アメリカや日本など5 カ国で4000 を超える学校に導入されており、様々な成果を上げています。企業研修としても体系化された内容を、青少年向けのプログラムにアレンジしたものが「7 つの習慣J®」です。自立心や協調性、自分を磨く必要性をわかりやすく伝え、学習の土台となる素直さや目標達成に対する意欲などを仕組み化しています。

  • 戦後出版されたビジネス書No.1
  • 「 どの本&著者が一番役立つか」ランキング147 第1位(プレジデント誌)
  • 「 新社会人に贈りたい本」ランキング第 1 位(ビズリーチ調べ)
  • 先輩ビジネスパーソンが勧める「20 代で読むべき本」 第 1 位(日経ウーマンオンライン)
  • オリエンタルラジオ中田敦彦さんの Youtube 大学でも書籍の紹介で『7つの習慣』が取り上げられています。
    ※再生回数250 万回超え!

※「7 つの習慣®」及び「7 つの習慣J®」はフランクリン・コヴィー・ジャパン社の登録商標です。

チャレンジカップとは

「7つの習慣J®」には、株式会社FCE エデュケーション主催が主催する全国大会があります。個人またはグループでチャレンジ目標を設定し、その達成に向けて計画を立てて実行する取り組みです。目標に対して全力で挑戦し、どれだけ成長できたかを、全国の教育機関の専門家が審査し表彰。本校も毎年参加し、大賞や最優秀賞に輝いています。

Challenge Cup2022大賞受賞!生徒の声
Q.

チャレンジテーマとその内容を教えてください。

A.

「ジェンダーについて勉強する」という目標を設定。
ジェンダーに関する本や新聞、ネットの記事などを読んで、その結果をレポートにまとめるという計画です。

Q.

このテーマを選んだ理由を教えてください。

A.

2 年生の夏にジェンダーに関する本を読み、興味を持つようになりました。

Q.

チャレンジに取り組んだ期間はどれぐらいですか?
また、どのように取り組みを進めましたか?

A.

チャレンジ期間は約2カ月。この間に5 本の感想文と1 本のレポートを書く予定でしたがまったく時間が足りず、まずは本を読むことを優先して、書くのは後でいいと判断しました。

Q.

このチャレンジではどんなことを学べましたか?

A.

多くのことを学ぶことができました。

  1. 偏った考察にならないよう、調べたことはよく検証してから発表すること。
  2. 「嫉妬」など男女共にかかわるのに、女偏の漢字で表される言葉があります。それは、漢字が成立した時代の価値観を反映しているから。その時代の価値観と現代に生きる私たちの価値観を共存させて、“ W i n - W i n の関係” を維持するためには、もっとよく知りよく学ぶ必要があること。
  3. 5本の感想文と1 本のレポートという最初の目標は達成できませんでしたが、それは失敗ではないということ。自分でチャレンジを選択し、時間が足りないとわかっていちばん大切なことを優先。集中して多くのことを学びました。それは私にとって成功であり、結果にはとても満足しています。