京都両洋高等学校

学校長あいさつ

学校長あいさつ

理想の未来へ向かって、ともに進もう

京都両洋高校は、「東洋と西洋の架け橋となる国際人の育成」という建学の精神と、「高校生活3 年間の中で社会に出て役立つ青年として育て、次のステージに送り出す」という教育目標を掲げています。その上でそれらの教育活動の象徴である『「人」として、輝く。』というコミュ
ニケーションテーマにもとづき、生徒たち一人ひとりの可能性を最大限に引き出すべく進学実績の向上に加え、生徒たち一人ひとりの「好き」や「興味」或いは「適性」を探究し、その分野への進路獲得を果たし、同時に社会に貢献できる人間を育てることが使命だと考えています。

その実現のために生徒たち一人ひとりが進むべき道を選択する上で、自分はどういった分野が好きなのか、どういったことに興味が湧くのか、適性はどうなのか等の進路探究・職業探究等に時間をかけて丁寧にファシリテートするといった大胆なカリキュラム変革に取り組みました。そして、その取り組みを通じて生徒たち一人ひとりの職業観が醸成され進路選択の幅が拡がり、より納得感をもって次のステージに進んでくれることを心から願っております。
又、ICT に関する思い切った設備投資により、生徒たち全員のiPad 必携を実現し、知識・技能の習得はもちろんのこと、思考力・判断力・表現力、そして学びに向かう力といった、今の時代に大切な資質・能力の向上に真摯に向き合い、生徒たちの多様化する学びのニーズに応え、様々な「やりたいこと」を実現させる環境を整えていきたいと考えています。

今後もこのsociety5.0 の時代の中で、学習・学校行事・クラブ活動等本校の教育活動のすべてを通して、皆さん方が身につけるべき大切なチカラをRYOYO スピリットで備え、真の「人間力」を磨き、「キャリア」を築きあげてくれることを心から願っています。私たちはその実現に向けて全力でナビゲートします。

京都両洋高等学校
校 長
角田 良平