京都両洋高等学校

「生徒の目指す力」 ( 育成を目指す資質・能力)

本校では、「社会に出て役立つ青年として育て、次のステージに送り出す」という教育目標を具現化するため、知力・気力・体力・道徳力・コミュニケーション力の5つの力の向上を目指しています。
それらの力を本校における教育活動を通じて身につけるため、教員・生徒がより具体的な行動に落とし込めるよう、右図に示した14 の「生徒の目指す力」( 育成を目指す資質・能力) を設定しています。
行事、学習、進路指導、生活指導、課外活動など、本校における教育活動のすべてを「14 の資質・能力をいつ、どのように、どの行事・プログラムで育成するのか」という視点で再構築するとともに、生徒の成長を視覚化するためのアセスメントを全コースで実施
しています。

特 徴
1
人間教育

7つの習慣J® 大切なことは、自分の可能性を信じること。そして自分の夢や目標を見つけ、その実現のために必要な考え方や習慣を身につけることです。本校では、人間力教育の中心的プログラムとして「7つの習慣J®」に取り組み、より良い生き方ができるように生徒の皆さんをサポートしています。

詳細はこちら

特 徴
2
学習 輝く未来をまっすぐ目指せる多彩&充実の学習システム

一人ひとりの「輝きたい」に合わせて選べる4 つのコース!
「難関大学を目指すため、充実したカリキュラムで学びたい」「クラブ活動に力を入れながら進学を目指したい」「将来の夢のため資格取得や専門的な知識も学びたい」「将来の夢・目標を見つけたい」など、希望に合わせてコースを選択できます。
志望大学進学への徹底支援!(進学講座)
講座形式とCBT(※)学習を併用したり、習熟度別のクラス編成を行ったりして展開されるきめ細かな進学講座で、苦手科目や弱点の克服、得意科目のさらなる実力アップや実戦力を身につけることもできます。
(※ Computer Based Training の略、コンピュータを利用して学習を支援するシステム)

詳細はこちら

特 徴
3
クラブ活動

体育系・文化系の多彩な活動
本校では、体育系・文化系ともに多くのクラブがそれぞれの目標を掲げ、活発に活動しています。勉強はもちろん、クラブ活動にも積極的に参加することを通して、逞しさと優しさを備えた人間を育成することを目指しています。
勉強との両立もしっかりサポート
クラブ活動に全力で取り組む生徒を学習面でも支えるプログラムを充実させています。生徒の進路希望と学習状況について、担任・進路指導部・クラブ顧問が情報共有を密に行うことで、クラブ活動に思う存分取り組みながら、自分の進路を切り開く力をつけることができます。

詳細はこちら

特 徴
4
学校行事

行事を通して人間力を磨く!
「校外学習」「スピーチフェスティバル」「体育祭」「文化祭」「海外への修学旅行」などの行事を通じて、創造力、表現力、発信力、協働力、傾聴力、計画力、実行力、主体性、積極性などを身につけていきます。
充実の学級活動!(LHR)
本校では、クラス担任は生徒自らが積極的に考え、クラス委員を中心にクラス全員が自発的にクラス運営に取り組むLHRの実現を目指しています。各種検定の対策においても、生徒のやる気を引き出すような効果的な指導をLHRの時間を利用して行っています。

詳細はこちら

I C T 教育/ アクティブ・ラーニング

京都両洋高校は、これまでの教育をさらに進化させ、ICT(情報通信技術)を活用した高品質指導へと生まれ変わります。
ICT 学習を生かすために学習デバイスとしてのタブレットが不可欠となる時代がやってくる中で、2021 年度よりiPadを新入生全員に導入し、生徒一人ひとりに最先端の教育を実践します。
AI(人工知能)・IoT(Internet of Things)など、IT(情報技術)は目まぐるしく進化し続けています。その進化に伴い、「今、日本で働いている人の約半数の49%の職業( 事務員、通関士、警備員、作業員、工員、スーパー店員、運転士、配達員、客室係など) が、機械や人工知能によって代替することが可能だ」という予測さえ出ています。そんな中、本校では、次世代を担う人材育成に力を入れるべく、ICT 教育を推進していきます。
今までの「詰込み型」授業から脱却し、人間にしかできない「問題を発見し、解決する力」を身につけるためには、ICT の活用はたいへん効果的です。iPad の導入により、学習のフィールドを広げ、生徒一人ひとりの可能性を引き出すため、ICTを取り入れた教育に全力で取り組みます。

一斉に伝える授業から「共有」する授業へ

これまでの授業は教科書、ノート、プリント、資料集などを使い、教師が説明や講義を行う一斉授業が主流でした。しかし、「アプリ」を使用すると教師と生徒間で情報の「共有」ができるようになります。例えば「ロイロノート」というアプリを使うと、教師からの課題に対し、全生徒の取り組み状況や解答を確認でき、さらには画面に全員の答えを出力し、間違えやすい箇所や違う考え方で正解を導く方法などを「共有」することがで
きます。 イメージとしてはクイズ番組の「全員の答え!」のようなものです。様々な解法だけでなく、多くの「自分とは違った考え方」に気づくことができます。

ICTが自分を変える!「思考力・判断力・表現力」

ICT を活用すると、自分の意見や考えを周囲に伝える機会が増えます。例えば、校外学習や修学旅行など、学校外で活動する機会があります。そんな時、事前にグループごとに現地について学習し、その情報を共有することにより、自分以外の人の考え方を知ることができます。
従来は文字や言葉だけの表現方法が主流でしたが、ICTを活用することにより表現の幅が増え、「わかりやすく伝えるための方法」を模索できるようになっています。こうした活動を通して、生徒たちに「思考・判断・表現」の力が身についていきます。

安心・安全な活用のために

本校では生徒たちに、入学時にiPad 使用に関するルール(約束事)をしっかりと確認させます。その上で、実際に端末を持たせることで、試行錯誤を繰り返しながら、IT 機器の有効性・危険性の分別を身につけさせていきます。生徒用のiPad は、MDM(モバイルデバイス管理)という管理ソフトにより教師の管理下に置かれています。学習に不必要な
アプリのダウンロードや有害サイトへのアクセスなどを制限し、安心・安全な使用ができるようにしています。また端末に破損・故障・不具合が生じた場合でも、代替機の配備や
Apple Teacher の認定を持つ教師が即座に対応できる体制を取っています。

教育改革を見据えて!「振り返り、そして蓄積」

2021 年入試から大学入試は大きく変わります。新入試では「活動報告書」等を求められることがあります。そこで注目されているのが「e ポートフォリオ」( 部活動や学校外の活動成果など、高校生活の様々な活動の記録をデジタル化して残すことができるシステム)です。本校では2020 年度から全コースでClassiを導入しており、ポートフォリオ機能を活用して日々の活動を振り返り、記録として蓄積しています。その他にも「連絡」「自学自習」「面談」など、様々な場面でClassiを活用しており、特に保護者の方々とのコミュニケーション・情報共有を円滑に行っています。

学習支援クラウドサービス Classi

「Classi」とは、ベネッセホールディングスとソフトバンクの合弁会社Classi株式会社が提供する、「学校の授業・⽣徒指導」「⽣徒の学習」のための先⽣・⽣徒・保護者がつながるICTプラットフォームです。

機能紹介

コンテンツボックス

先⽣と⽣徒が、グループ単位で利⽤できる共有フォルダ機能を搭載。資料のデータ共有や、課題提出などに活⽤できます。

メッセージ

先⽣・⽣徒・保護者がメッセージをやり取りできる機能。1対1、1対複数など、⽤途によって使い分け可能です。

校内グループ

先⽣・⽣徒・保護者の情報交換のための掲示板機能。クラスや部活動など、グループ単位で利⽤できます。

学習記録

毎日の学習の進捗を、⽣徒が記録し、先⽣はWebにアクセスするだけで⽣徒の個人別データを確認できます。

ポートフォリオ

⽣徒が、学習履歴・活動記録を⾃主的に入⼒する機能。日々の情報が蓄積され、振り返り学習にも役⽴ちます。

ICT教育 駿台サテネット21

本校ICT 教育の柱として、放課後の進学講座や「夢」応援プログラムにおける学習支援システムを「駿台サテネット21」に一本化しました。中学・高校の基礎問題から大学入試対策まで受講できますから、自分の目標と実力に合った学びが可能ですし、学校だけでなく、ご家庭でもインターネット環境があれば同様に利用可能ですから、主体的な学びの促進につながります。

単元別映像授業とチェックテストの組み合わせからなる「CBTシステム」と、駿台を代表する実力講師陣が配され、精選した講座で低学年の基礎学力養成から受験に必要十分な応用力、実戦力の完成を目指す「映像講座」からなる配信型教材です。

「なりたい自分」が見つけられる 学びみらいPASS

本校では、全コースの「F ナビ」、K 特進コースの「課題探究」、S 探究コースの「キャリア探究」を授業科目として行い、進路意識の醸成を図っていきます。また、これらの授業を通した興味関心の深まり方を測るため、全コースで1 年次・2 年次に「学びみらいPASS」(R-CAP・LEADSは全コース、PROG-HはJ キャリア・J 進学・K 特進の各コースで実施) によるアセスメントを実施します。