京都両洋高等学校

少人数編成1 学年1クラス、15人編成が濃密な学びを可能に!

少人数編成は学力向上に効果があるのか?少なくとも、「京都両洋高校では、ある」と断言します。特進系のコース説明は、それが公立高校のものであれ、私立高校のものであれ、そう大差はありません。なぜなら、難関大学合格に至る道筋には、たやすく進めるものはなく奇策も通じないからです。京都両洋高校のK 特進コースでの取り組みにも、そういった奇策はありませんが、少人数編成のクラスで一人ひとりの生徒に3年間寄り添うことで、不可能を可能にしていきます。

POINT 1

誰しも得意科目や苦手科目はあるもの。そんな学力差にも、少人数ならきめ細かく対応。

POINT 2

夢を本気で探したら、そのゴールは人それぞれ違って当たり前。多様な志望にも少人数なら対応できます。

POINT 3

結果として成績は大幅にアップ。昨年度卒業のクラスでも偏差値が大幅上昇。

圧倒的な学習時間授業×講座×自習!

国公立大学を目指すとなれば、全教科を満遍なく学習する必要があります。そこで本校では、毎日放課後に実施される授業10 時間分に相当する進学講座を、授業と有機的に連動させることで、基礎基本の徹 底から受験対応の実戦演習まで、すべてカバーしていきます。
また、週1 日(水曜日)は放課後講座を設定せず、学業だけでなくクラブ活動にも参加可能※とすることで、教室以外での活動を通してリフレッシュできる日を設定しています。
※一部の指定強化クラブを除く

基礎講座週2日

基礎講座では、授業中に感じた疑問点を解消したり、弱点を補強。しっかりと時間をかけて、基礎力を徹底強化します。

発展講座週2日

授業や基礎講座で身につけた基礎力を、受験対応の実戦力に変えていくのがこの発展講座。記述式問題への対応力を養成します。

放課後進学講座

弱点克服・実践力要請!

週4 日、放課後に実施する進学講座(60分×2講座)を受講し、基礎力の徹底的な強化と大学入試に対応できる実践力を養成します。

試験前対策勉強会

学びの総仕上げ!

定期考査前には試験前対策勉強会を実施。
中長期的なスパンでの復習で、さらなる記憶の定着を図るとともに、苦手を克服し試験前の不安を解消します

季毎講習

限界を超え自分の殻を破る!

放課後の講座以外にも、春・夏・冬長期休暇期間中に季毎講習を行います。この期間に5教科を集中的に取り組み、既習事項の弱点補強や基礎力の強化、次学期に向けた先取り学習などを目指します。

全科目重視国公立大学合格を目指し、すべての科目を徹底学習!

国公立大学をはじめとした難関大学の受験に対応するため、3年間を見通したカリキュラムで授業を構成。1年次は英語、国語、数学、地歴・公民、理科のすべてに重点を置いて学び、2年次からは特進文系、特進理系に分かれて履修します。

定期的に学習理解度をチェック

短期的

日々の小テストで定着度を確認。放課後の進学講座と合わせて1 週間の学習内容の定着と発展的な実践力を養成。

中期的

単元テストで約「1カ月」の学習内容を確認。弱点を分析し、苦手を克服。

長期的

定期考査や模試などの結果を検証。「半年」「1年」「2年」のスパンで学力を確認し、復習を徹底。

進路指導生徒自身が自己の興味・適性・能力を生かして的確に進路選択!

圧倒的な時間をかけて「基礎的な知識技能」を身につけることはもちろん、「 課題探究」の時間に次世代キャリア型教育「エナジード」を使用します。ここでは「この先の未来、自分がどう人生を歩んでいくか」の判断基準を考え抜き、社会・未来・海外、とステージを変えながら自分の力でゼロから1 を生む経験を繰り返すことで自身の可能性と「これから何をしたいのか、 どんなことを学びたいのか」に気づきます。正解のない問いに答え続けることで、新入試で求められる「自身の考えを組み立て、表現する力」を身につけることができます。

科目Fナビ

勉強することの意味や理由を考える貴重な時間。まずは自分をよく知ることから始め、学問や職業への視野を広げていきます。

科目課題探究

今後の社会において「正解のない問い」への取組み機会は増えていきます。自分の考え方を組み立て、思考することで「正解のない問い」に教員と生徒が一緒に向き合っていきます。

人間ドキュメンタリーワーク
ドキュメンタリー制作からなりたい自分を探究させる独自の学習

「課題探究」の時間に実施。複数の候補の中から「ロールモデル」を選び、“ひとりの人間のストーリーを描く”ということをしていきます。ドキュメンタリー制作を通じて、その人が通った道を一緒に歩いていくことで、「なりたい自分」を見つけます。