京都両洋高等学校

7つの習慣J

京都両洋高校では、「7つの習慣J®」という取り組みを行っています。

これは「人」として輝く。というコミュニケーションテーマのもと、生徒の人間力育成につながる取り組みになっております。「7つの習慣J®」とは、人として成功するために必要な能力をまとめた世界的ベストセラーを、青少年向けにアレンジしたプログラムです。

未来の両洋生の君! 一緒に本校で、今よりさらにステップアップしませんか?

京都両洋高等学校の「7つの習慣J®」とは

人として成功するために必要な能力をまとめた世界的ベストセラー『7つの習慣®』と、これに基づいて構築され、日本でも10万人以上のビジネスパーソンが受講した企業向けセミナーを高校生向けにアレンジ。プログラム自体がアクティブ・ラーナーを育てることを目標としており、本校ではさらにこれに独自のアレンジを加えています。進学実績・クラブ活動実績でもわかるように、受講した生徒は、学校生活を送る上で、よりよい学習環境・人間関係を自ら作り出せるようになる、本校人間力教育の基幹として行い実施しています。

  • 書籍は全世界で3000万部以上
  • 世界で一番売れたビジネス書
  • 日本でも書籍は200万部のミリオンセラー
  • 「まんがでわかる7つの習慣」シリーズは、2015年度和書総合ランキング3位!
  • 「まんがで身につく7つの習慣J」は、アマゾンランキング9位!(2017年4月現在)
  • この書籍をもとにした研修は世界中の多くの企業で実施されている

7つの習慣J® 授業とは

京都両洋高校では「7つの習慣J®」という取り組みを行っています。
それが具体的にはどのような取り組みなのかをよりよく知っていただくために、
このページで具体的にご紹介したいと思います。

一人ひとりが判断し、相互協力が求められる時代へ

これからの時代に求められるのは、リーダーの指示どおりに動くレガッタではなく、ラフティングのような行動。リーダーを含め全員が同じ方向を向いて、濁流の中で次々に現れる障害に対して、個々が的確な判断を行い、問題を解決しながら進んでいくのです。自分は何をすればよいのかを考え、判断し、協力する生き方でないと生き残っ
ていけません。

人間力を養い主体性を育む

京都両洋高校では、「7つの習慣J®」を通して、自主的・自発的に行動する自分自身を土台とし、「人間の徳性」を身につけていきます。毎週実施する授業では、ファシリテーターの資格を持った本校教員が生徒の気持ちに寄り添いながら、一人ひとりが積極的に自分自身を出せるように指導。生徒同士、ディスカッションをすることで、本来備わっている力(傾聴力・表現力・問題解決能力など)を引き出します。

普遍的なコンテンツを体系的に学ぶ

書籍『7つの習慣』をベースに、リーダーシップや効果的なコミュニケーション、グループワークによる相乗効果の重要性など、時代や場所が変わっても絶対に変わることのない普遍(不変)の原則とともに、現在私たちが直面している社会や学校生活で応用・実践することができる身近なコンテンツとして、学習しやすい形となっています。また、「7つの習慣®」を体系化されたプログラムで身につけ、常日頃から自分自身の現状と向き合い、意識的に思考や行動、そして習慣を改善していくことが可能になります。

7つの習慣J®「チャレンジカップ」

チャレンジカップとは、本校が導入している「7つの習慣J®」の全国大会で、一般社団法人日本チャレンジ教育協会が主催する「自分で決めた目標に挑戦する」大会です。これまでの11年間で10万人を超えるチャレンジャーが参加し夢や目標に向かって全力で取り組むその姿は小説やテレビドラマにもなりました。
目標に対して本気で挑戦し、どれだけ成長できたかを全国の教育機関の専門家が審査し表彰します。特に優秀なチャレンジと評価された活動内容は教材化され、新たなチャレンジャーの成長のきっかけになります。
チャレンジカップはアクティブラーナー育成を目的とした日本最大級のイベントです。本校は、過去11 年間で全国最多、5回の最優秀賞と2回の大賞(グランプリ)に輝いています。

今年度、優秀賞を獲得した「募金活動」の取り組みの様子です。セブ島への修学旅行がきっかけとなり、貧困層の子どもたちの就学支援をしたいという思いを持ち、チャレンジカップにエントリーしました。さらに、チャレンジ期間が終了した後も、活動当初に抱いた思いを持ち続け、自主的に取り組みを継続して「募金活動」を行っています。