京都両洋高等学校

さらに進化を続ける ”新章両洋セカンドステージ”

本校では、「社会に出て役立つ青年として育て、次のステージに送り出す」という教育目標を具現化するため、知力・気力・体力・道徳力・コミュニケーション力の5 つの力の向上を目指してきました。
今年度からは、教員・生徒がより具体的な行動に落とし込めるよう、「生徒の目指す力」として、下図に示した14 の資質・能力に再定義しました。
行事、学習、進路指導、生活指導、課外活動など、本校における教育活動のすべてを「14 の資質・能力を、いつ、どのように、どの行事・プログラムで育成するのか」という視点で再構築するとともに、生徒の成長を視覚化するためのアセスメントを全コースで実施します。

特 徴
1
人間教育 一人ひとりが判断し、相互協力が求められる時代に主体性を育む

7つの習慣J® 大切なことは、自分の可能性を信じること。そして自分の夢や目標を見つけ、その実現のために必要な考え方や習慣を身につけることです。本校では、人間力教育の中心的プログラムとして「7つの習慣J®」に取り組み、より良い生き方ができるように生徒の皆さんをサポートしています。

詳細はこちら

特 徴
2
学習 輝く未来をまっすぐ目指せる多彩&充実の学習システム

一人ひとりの「輝きたい」に合わせて選べる4 つのコース! 「難関大学を目指すため、充実したカリキュラムで学びたい」「クラブ活動に力を入れながら進学を目指したい」「将来の夢のため資格取得や専門的な知識も学びたい」「将来の夢・目標を見つけたい」など、希望に合わせてコースを選択できます。 志望大学進学への徹底支援!(進学講座) 講座形式とCBT(※)学習を併用したり、習熟度別のクラス編成を行ったりして展開されるきめ細かな進学講座で、苦手科目や弱点の克服、得意科目のさらなる実力アップや実戦力を身につけることもできます。
(※ Computer Based Training の略、コンピュータを利用して学習を支援するシステム)

詳細はこちら

特 徴
3
クラブ活動 好きなことに熱中する。多彩なクラブ活動でキミも輝く!

体育系・文化系の多彩な活動! 本校では、体育系・文化系ともに多くのクラブがそれぞれの目標を掲げ、活発に活動しています。勉強はもちろん、クラブ活動にも積極的に参加することを通して、逞しさと優しさを備えた人間を育成することを目指しています。 勉強との両立もしっかりサポート! クラブ活動に全力で取り組む生徒を学習面でも支えるプログラムを充実させています。生徒の進路希望と学習状況について、担任・進路指導部・クラブ顧問が情報共有を密に行うことで、クラブ活動に思う存分取り組みながら、自分の進路を切り開く力をつけることができます。

詳細はこちら

特 徴
4
学校行事 体育祭・文化祭に、日々のクラスの中に、キミの輝く場所がある

行事を通して人間力を磨く! 「校外学習」「スピーチフェスティバル」「体育祭」「文化祭」「海外への修学旅行」などの行事を通じて、創造力、表現力、発信力、協働力、傾聴力、計画力、実行力、主体性、積極性などを身につけていきます。 充実の学級活動!(LHR) 本校では、クラス担任は生徒自らが積極的に考え、クラス委員を中心にクラス全員が自発的にクラス運営に取り組むLHR の実現を目指しています。各種検定の対策においても、生徒のやる気を引き出すような効果的な指導をLHRの時間を利用して行っています。

詳細はこちら

高大接続(大学入試制度)改革、
新学習指導要領導入(2022年度より)に対応

新学習指導要領の三つの柱(「知識・技能」「思考力・判断力・表現力等」「学びに向かう力・人間性等」)のうち、「思考力・判断力・表現力」や「学びに向かう力・人間性」は、自分自身で主体的に学習にのぞみ、その中で深く考えるような学習を通して身につけていく必要があります。また、新しい大学入試では、「主体性を持って多様な人々と協働する態度」をより積極的に評価するとされており、調査書や活動報告書等が重視されると考えられています。その際、多面的・総合的な評価を実現するための証拠(エビデンス)として、eポートフォリオの活用も見込まれています。
このような入試を取り巻く環境の変化に対応するため、本校では「Classi」を全コースに導入します。「Classi」はスマートフォンやパソコン、タブレットなどを用いて、授業・学校行事・部活動・課外活動・資格や検定などの実績・定期的な学びの振り返りを記録することができるソフトです。このような「学びのデータ」を記録していくことにより、思考力・判断力・表現力・学びに向かう力・人間性を育み、ものすごいスピードで変化する社会で直面する様々な問題を、自らの力で解決することができるようになることを目指しています。

学習支援クラウドサービス Classi

「Classi」とは、ベネッセホールディングスとソフトバンクの合弁会社Classi株式会社が提供する、「学校の授業・⽣徒指導」「⽣徒の学習」のための先⽣・⽣徒・保護者がつながるICTプラットフォームです。

機能紹介

コンテンツボックス

先⽣と⽣徒が、グループ単位で利⽤できる共有フォルダ機能を搭載。資料のデータ共有や、課題提出などに活⽤できます。

メッセージ

先⽣・⽣徒・保護者がメッセージをやり取りできる機能。1対1、1対複数など、⽤途によって使い分け可能です。

校内グループ

先⽣・⽣徒・保護者の情報交換のための掲示板機能。クラスや部活動など、グループ単位で利⽤できます。

学習記録

毎日の学習の進捗を、⽣徒が記録し、先⽣はWebにアクセスするだけで⽣徒の個人別データを確認できます。

ポートフォリオ

⽣徒が、学習履歴・活動記録を⾃主的に入⼒する機能。日々の情報が蓄積され、振り返り学習にも役⽴ちます。

ICT教育 駿台サテネット21

本校ICT 教育の柱として、放課後の進学講座や「夢」応援プログラムにおける学習支援システムを「駿台サテネット21」に一本化しました。中学・高校の基礎問題から大学入試対策まで受講できますから、自分の目標と実力に合った学びが可能ですし、学校だけでなく、ご家庭でもインターネット環境があれば同様に利用可能ですから、主体的な学びの促進につながります。

単元別映像授業とチェックテストの組み合わせからなる「CBTシステム」と、駿台を代表する実力講師陣が配され、精選した講座で低学年の基礎学力養成から受験に必要十分な応用力、実戦力の完成を目指す「映像講座」からなる配信型教材です。

インターネット配信による視聴

インターネット配信により、高校内またはご自宅のパソコンやタブレット、スマートフォンでの学習が可能!

視聴にはインターネット回線を使用しますので、学校内のパソコンだけでなく、個人のパソコンやタブレット、スマートフォンを活用することで、場所や時間に制限されることなく効率的な学習を可能とします。

映像講座[駿台サテネット21]のすべての映像講座が視聴可能!

視聴可能な講座数は302講座※、総学習時間数は4,189単位※となり、基礎講座から応用・実戦力養成講座まで多岐にわたります。
※講座数、総学習時間数は、収録状況により変更となる場合がございます。あらかじめご了承願います。

倍速視聴機能

講座を視聴する際に便利な倍速機能が付いています。

「なりたい自分」が見つけられる 学びみらいPASS

本校では、全コースの「Fナビ」、K特進コースの「課題探究」、S探究コースの「キャリア探究」を授業科目として行い、進路意識の醸成を図っていきます。また、これらの授業を通した興味関心の深まり方を測るため、全コースで1年次・2年次に「学びみらいPASS」(S探究コースはR-CAP部分のみ)によるアセスメントを実施します。