京都両洋高等学校

3つの系進学系、英語留学系、日本語学習系に分かれて学習!

J 進学コースには、クラブや進学講座で充実した放課後を過ごす進学系、留学を含む取り組みで生きた英語の力を身につける英語留
学系、日本語力の向上を目指しながら大学進学を目指す日本語学習系の3 つの系があります。いずれの系においても、産近佛龍レベ
ルの大学への進学に加えて、もう一つの夢を叶えられるよう、特色ある取り組みを行っています。

進学系

有名私立大学の入試に必要な科目を集中学習

進学系

J 進学コースのカリキュラムの基本となるのは進学系。放課後はクラブに全力を尽くせるよう、授業は6限です。限られた時間の中で、目標達成のための実力をつけてもらうため、カリキュラムは2教科+αに特化したものとなっています。科目選択次第で難関私大への合格も夢ではありません。

英語留学系

語学を学びながら、放課後にクラブも有名私立大学突破を目指します

英語留学系

本校常勤の外国人教員がオールイングリッシュの授業を行い、読む・書く・聞く・話す、の4技能を強化。Oxford などの教材を用いた多読、英語エッセイの添削など専任の外国人教員が在籍するからこそできる授業を展開。海外研修も体験し、培った国際的な視野を生かして大学進学を目指します。

日本語学習系

「東洋と西洋の架け橋となる国際人の育成」という建学の精神を体現

日本語学習系

海外にルーツを持ちながらも既に日本国内に在住する生徒を対象に、高校における日本語力の向上と、大学進学を目指して、国語の科目の一部に代えて日本語の授業を実施します。しかしながら、新しい言語を習得するのに週3時間では十分とは言えません。ゆえに、この系では1年次に週2日、授業とは別に特別講座を実施することで演習の時間を確保しています。

クラブと両立私立大学入試の必須項目に重点を置いた授業を実施!

J 進学コースのカリキュラムの基本となるのは進学系。放課後はクラブに全力を尽くせるよう、授業は6 限です。限られた時間の中で目標達成のための実力をつけてもらうため、本校では1年次に基幹教科である英国数の基礎固めを行った後、文理に分かれた2 年次で、まずは英国なり、英数なりの2 教科を一定の水準まで引き上げることで対応を図っています。
また、基幹教科である英国数については、授業時間がより多く確保できるよう、受験学年である3 年次ではなく、あえて2 年次に重点的に単位数が振り分けられており、シラバスの構成も、反復による定着が必要な理論分野を1年次に履修する形になっています。
3 年次への進級にあたっては、そこまでの取り組みと、目標達成状況に応じて、科目選択を行ってもらいます。2 教科に特化したカリキュラムで、産近佛龍レベルの入試を突破することに全力を傾注するか、社会や理科といった3 科目目を受験教科として仕上げていき、関関同立といった大学群を視野に入れていくか、という選択です。

進学講座自分に適した学習スタイルを選び効率よく学ぶ!

J 進学コースではいずれの系においても、クラブへの所属状況に応じて、進学講座に参加してもらうことになります。体育会系クラブか吹奏楽部に所属している生徒(クラブ両立タイプ)に関しては、クラブ公休日の火曜か木曜に午後7 時00 分まで3 コマの進学講座を受講してもらいます。ここで実施される進学講座は、習熟度別に展開されます。
なお、吹奏楽部を除く文化系クラブに所属しているか、クラブに所属していない生徒(講座受講タイプ)に関しては、上述の講座に加えて、月水金の内、2 日~ 3 日(選択式)に午後7時00 分まで3コマ、自習教室をはじめとして、集団講義形式や、「駿台サテネット21」を利用して実施される「全体講座」を選択し、各生徒のニーズに沿った学習を進めることができます。

進路指導キャリア形成の基礎となる「自ら考える」進路指導!

個別面談、普段の授業、F ナビの時間など、様々な機会を通じて、生徒一人ひとりが「勉強する意味」「進学する意味」を考えられる進路指導を実施。自ら進路を選択し、行動できる人材を育成します。外部業者と連携しての講演会や相談会も実施しながら、模試の結果や進学実績を紐づけた本校独自の資料も作成。豊富な知識と蓄積されたデータをもとに、理想の進路実現を応援します。
また、公募制推薦入試で持ち点に加算されることもある英検、漢検は、通年で対策授業を実施します。特に2 年次には意識喚起を強く促し、産近佛龍レベルの大学への進学を考える際に、学力到達度の目安ともなる英検準2 級、漢検2 級の取得を目指させます。

京都両洋高校の英語教育

話す、聞く、考える、P.E.C.
対象コース:K特進/J進学

K特進とJ進学英語留学系の生徒がともに学ぶ「P.E.C.(= Practical English Comprehension)」。
「話す、聞く、考える、P.E.C.」をキャッチフレーズに、ネイティブ教員2人に日本人教員1人という手厚い指導体制で、コミュニケーション力はもとより、英語で理解し、考える力を身につけてもらうことを目標に授業を展開しています。このP.E.C.での取り組みをさらに加速させるため、オンライン英会話と共に、2017年より1年生の冬にセブ島語学研修を開始。アジアでもトップレベルの英語力を誇るフィリピン・セブ島での徹底したマンツーマン授業で、まさに“英語漬け”の生活を体験してもらいます。特に本校の提携する語学学校では、フィリピンに存在する日系校でも信頼と実績があり、高校生活の早期に、英語をしっかり学習するために特化した様々な取り組みが用意されています。そしてさらに、J進学英語留学系の希望生徒には追加で最大1年間の海外研修プログラムまであり、「英語教育」にとことん注力しています。

Teachers's Voice!

充実した学校生活を過ごし、有名私立大学合格を目指す!

松木 晃典先生 社会科(J進学担任)

「高校では課外活動もめいっぱいやりたいけれど、自分の学力で大学進学ができるか心配」京都両洋高校のJ 進学コースは、こういった不安を持っている受験生にピッタリのコースです。J 進学コースにはクラブ所属の生徒も多く在籍していますが、「有名私立大学進学を達成する」ということを実現してもらうための様々なサポートにも力を入れています。例えば、日々の授業以外に、ホームルームでの小テストや放課後の進学講座、考査前に行う学習会に、長期休暇中の講習など。こういった充実した手厚い学習支援で、「弱点克服」と得意科目の「実力向上」を実現できます。また、様々な資格の取得にコース全体で取り組むので、勉強に対してのモチベーションを仲間とともに高め続けることができ、大学受験にも自信を持って挑むことができるようになると確信しています。ぜひ、この京都両洋高校J 進学コースで、勉強と課外活動の両面で充実した高校3 年間を過ごしましょう!