京都両洋高等学校

コースの特徴

勉強だけじゃない、もう一つの夢を
追いかけながら有名私立大学合格へ !

3つの特徴

  • 3つの系 個々の目標に分かれて学ぶ!

    個々の目標に分かれて学ぶ!

    進学系、英語留学系、日本語学習系の3つの系に分かれて学習。学びたいことや進路に合わせてレベルアップが図れます。

  • クラブと両立 文武両道を目指して!

    文武両道を目指して!

    J進学コースでは、多くの生徒がクラブ活動に参加。学業とクラブを両立しての目標達成を支援するため、カリキュラムに工夫を凝らしています。

  • 進学講座 学習習慣の確立と効率化!

    学習習慣の確立と効率化!

    放課後の進学講座で、大学受験に向けての学習習慣を確立。効率的な学習で、確実な定着を目指します。

進路指導

自分の未来を「創造」してもらうために考えさせる進路指導

個別面談、普段の授業、科目「進路」の時間など、さまざまな機会を通じて、生徒一人ひとりが「勉 強する意味」「進学する意味」を考えられる進路指導を実施。自ら進路を選択し、行動できる人材を育成します。外部業者と連携しての講演会や相談会も実施しながら、模試の結果や進学実績を紐づけた本校独自の資料も作成。豊富な知識と蓄積されたデータをもとに、理想の進路実現を応援します。
また、公募制推薦入試で持ち点に加算されることもある英検、漢検は、通年で対策授業を実施します。特に2年次には意識喚起を強く促し、産近佛龍レベルの大学への進学を考える際に、学力到達度の目安ともなる英検準2級、漢検2級の取得を目指させます。

校内で受検可能な資格一覧

  • 実用英語技能検定

    スピーキングを含む4技能を測定。日常会話からビジネス活用まで、「使える英語」でコミュニケーションを広げます。また、一定以上の級を取得すれば、大学入試での優遇制度も利用できます。

  • 日本漢字能力検定

    「漢字能力」は「計算能力」と並んで「基礎学力」の中心に位置づけられるもの。漢検の勉強を通して身につく「基礎学力」こそ、大学での勉強や就職後の仕事において必要不可欠なものです。

  • 日本語ワープロ検定

    正確な入力を判定する「速度」と、体裁のよい文書作成能力を判定する「文書作成」の領域で、情報化社会の中でのコンピュータ活用能力の向上を図ります。1年次に3級を取得します。

  • GTEC for STUDENTS

    英語力を、スコアと7段階のグレードでフィードバックします。また、それぞれのグレードにおいて、技能別に英語でどのような活動ができるのか、CAN-DOリストで示します。

  • 語彙・読解力検定

    朝日新聞とベネッセが共同開発した「ことばの力」を問う検定。適切に判定するために「辞書語彙」「新聞語彙」「読解」の3つの領域で測定します。

  • 情報処理技能検定(表計算)

    パソコンの表計算ソフトの有効な利用を通じて、情報処理能力を身につけます。1年次に取得する3級では、最大値・最小値の検索や、順位付け、絶対参照といった内容が出題されます。