京都両洋高等学校

修学旅行
本校の建学の精神は「東洋と西洋の架け橋となる人材の育成」です。

修学旅行

一般コース

AUSTRALIA オーストラリア

一般コース オーストラリア

高校生活の醍醐味である修学旅行!
ケアンズでの経験は一生の思い出。

高校生活の醍醐味である修学旅行は、オーストラリアのケアンズに行きます。修学旅行を通じて新しい世界に触れ、現地のものを食べ、現地の方と接することで大きく視野が広がります。異文化理解を通じて新たな自分も発見することでしょう。また、異国の地で生活を共にすることで、友だちとの関係も深まることでしょう。

5日間という日程の中で、生い茂る熱帯雨林や世界自然遺産「グレートバリアリーフ」など、国内では到底目にすることのできない景色を目のあたりにし、世界の広さを知ることができます。また、ケアンズ市内に出て自分たちだけで夕食をとるなど、その場その場に応じて自分で言葉を選ぶ“ 生きた英語”を使うまたとない機会にもなります。

一般コース オーストラリア
一般コース オーストラリア

PICK UP CONTENTS

アボリジニ「ジャプカイ族」の文化に触れ、実際にやり投げやブーメラン投げが体験できます。

一般コース オーストラリア

「キュランダ」とはアボリジニの言葉で「熱帯雨林にある町」を意味します。太古の原生林に包まれた町を散策します。

一般コース オーストラリア

SCHEDULE 滞在スケジュール

1 日目 関西国際空港発
ケアンズ国際空港着
2 日目 キュランダ村散策
ファームステイへ
3 日目 各ファームステイ先での体験
4 日目 ジャプカイ・アボリジニ・カルチャー・パーク
ケアンズ市内ショッピング
5 日目 グリーン島ケアンズ市内班別自由研修
6 日目 ケアンズ国際空港発
関西国際空港着

Student's voice

オーストラリアの文化やたくさんの自然と触れ合うことが出来ました。またグリーン島では海の透明度が高く、サンゴ礁を間近で見ることができました。再度訪問したくなる、そんな場所でした。

寺本 明日香さん
大淀中学校出身

一般コース オーストラリア

K特進コース&J進学コース英語留学系 語学研修

CEBU ISLAND セブ島

K特進コース&J進学コース英語留学系 語学研修 セブ島

マンツーマン授業の多さは世界一、新しいトレンド「セブ島語学研修」

セブ島語学研修では、2 週間集中的にマンツーマンのプライベートレッスンを受講し、リスニングだけでなく、日本人が不得意とするスピーキングやライティング能力の向上を図ります。フィリピンは地理的にも他の英語圏より日本に近く、研修先としては欧米と比べ費用が非常に安いこと、英語を話す人口の多いこと、フレンドリーな国民性で、そこから生まれる高いホスピタリティーがあるなど、優れた点が数多くあります。そして、それらを背景として、経験豊富な講師による充実した授業を受けることができます。

欧米の研修ではグループレッスンが多く、他国の留学生が積極的に発言する中で日本人は順番が最後になる傾向があります。控えめな国民性の日本人にとって、プライベートレッスンが中心のセブ島語学研修は、必要とする学習ができる理想的な環境であると言えます。セブ島で集中的に受ける2 週間の研修では、日本の英会話学校に週2 回半年間通うのと同程度か、それ以上の効果が期待できます。また、週末にはボランティア、企業見学、マリンアクティビティも体験することで、国際教養の習得を目指す研修も予定しています。

K特進コース&J進学コース英語留学系 語学研修 セブ島
K特進コース&J進学コース英語留学系 語学研修 セブ島

PICK UP CONTENTS

欧米圏での研修では午前中レッスン、午後は外でのアクティビティが主流ですが、セブ島では一日中マンツーマンが基本、完全英語オンリーの環境で学ぶことができます。施設は24 時間警備でセキュリティーも万全です。

K特進コース&J進学コース英語留学系 語学研修 セブ島

アクティビティの1 つにカオハガン島訪問があります。ここには近代的なインフラがなく、昔ながらの生活を維持しながら現代社会とバランスを保っている島です。単なるリゾート地にはない体験ができる島です。

K特進コース&J進学コース英語留学系 語学研修 セブ島
部活動別修学旅行

吹奏楽部

GERMANY ドイツ

吹奏楽部 ドイツ

Kyoto Ryoyo Windband HERZ

吹奏楽部の研修旅行は、ノイシュヴァンシュタイン城とヴィース教会の観光です。ベルリンではアルント音楽高等学校での練習と交流会とベルリンフィルハーモニーホールでのコンサート本番でした。ノイシュヴァンシュタイン城では、その豪華さやロマンに満ちあふれる皇帝ルートヴィヒ2世の思いなどにも触れて、とても感動しました。ベルリンのコンサートでは、世界一の素晴らしいホールの響きで、最高の演奏が出来ました。一曲毎に私たちに送って頂いた拍手と歓声。演奏直後から、とても長く続いたスタンディングオベーションは生徒たちの一生の財産となるような感激と感動を頂きました。

吹奏楽部 ドイツ
吹奏楽部 ドイツ

Student's voice

ドイツは「音楽の町」といっても過言ではないほど音楽活動は盛んな町なので、緊張と不安でいっぱいでしたが、現地の方の温かさに触れ、のびのびと演奏させていただく事ができました。慣れない場ではありましたが、満員のお客様からのスタンディングオベーションを受け、自然と涙があふれ出てきたのを今でもよく覚えています。言語は違えど音楽は国境を越え、人に感動をもたらすものなんだと強く思いました。

吉川 さやさん
修学院中学校出身

吹奏楽部 ドイツ

サッカー部

GERMANY ドイツ

サッカー部 ドイツ

『Danke schon!』 (ありがとうございます! )
サッカー部員たちの元気な声が響きます。

モザンビークのナショナルチームの監督、天皇杯5回優勝のゲルト・エンゲルス氏の指揮のもと、スポーツシューレでのトレーニングを小グループごとの専門のコーチでしていただきました。また地元ユースチームとの交流戦も行いました。開始時には日本国国歌とドイツ国歌が流され意気は最高潮に達し、サッカーの楽しさ、素晴らしさを直に感じることのできる瞬間でした。

こうして駆け足で過ぎていった7日間でしたが、修学旅行として日程も組み込んであります。世界屈指の鉄道技術を体感したりと日が過ぎるのを忘れるほどです。「百聞は一見に如かず」言葉、写真でこの興奮は伝え切れません。皆さんも一緒に体験してみませんか?

サッカー部 ドイツ
サッカー部 ドイツ

Student's voice

ドイツではサッカーのレベルの違いや環境の違いは勿論感じましたが、最高の環境で本場のサッカーを学ぶ事ができ、ブンデスリーガ観戦では、日本のサッカーだけではなくサポーターの熱気ですらもレベルの違いを感じました。また衣食住の違いも感じることができ、本当に良い経験だったと思います。

山内 新太郎さん
長岡中学校出身

サッカー部 ドイツ