京都両洋高等学校

川勝 桜花さん

聖泉大学 看護学部

「最善を尽くす」ことの大切さを学んだ高校生活でした!

両洋高校は生徒と先生の距離が近く、進路の事だけでなく様々な話をしやすい高校だと思います。とくにS 探究コースは、生徒一人ひとりの進路希望に添ってきめ細かな指導をしていただけるのが特徴。放課後にもたくさん勉強を見てもらい、自分の進路を決め、将来の夢である助産師に一歩近づくことができました。中学生の皆さんはこれから様々な選択をしなくてはいけなくなり、後悔することもあるかもしれません。しかし私は、最善を尽くすことでその選択を正解にすることができることを両洋高校で学びました。両洋高校で
学んだことを生かし、国家試験合格に向けてこれからも頑張っていきたいです。


今中 菜結さん

● J進学コース 2019年卒業

摂南大学 経営学部 経営学科

受験直前までの部活動と志望大学合格をどちらも実現!

両洋高校では、それぞれの目標の大学に合格できるように、担任や進路の先生が一人ひとりの話を聞いて最後までサポートしてくれます。日頃の授業でも文系に特化した効率的なカリキュラムが用意されており、部活動に打ち込みたい人にはぴったり。私はダンス部に所属し、受験直前まで部活動を続けていましたが、周りの先生方のサポートのおかげで目標としていた大学へ進学することができました。高校で培った力を、将来の夢である様々なイベントの企画・運営に生かせるようさらに磨いていきたいと思います。


熊谷 恒輝さん

同志社大学 社会学部

部活動と勉強で充実した3 年間でした。

部活動と勉強に精一杯取り組んだ高校3 年間でした。柔道部では主将としてチームをまとめ、勉強面では厳しい入試を最後まで戦い抜き、志望していた大学の合格を勝ち取ることができました。在籍したJ 進学コースは、「文武両道」を掲げて有名私大を目指すコースです。部活動にも全力を尽くせるよう6 限に設定された授業は中身の濃いものでした。ほんとうに忙しい毎日でしたが、卒業して思うのは、自分の実力を最大限まで高めることができた、充実した3 年間であったということです。これから高校に進学する皆さんも、最高に充実した3年間を送れるような高校選びをしてください。


吉田 凛太郎さん

京都工芸繊維大学 物質・材料科学域 応用科学課程

未来に向かってとことん勉強できる環境があります。

K 特進コースでは、受験勉強に集中できる環境があり、先生方が私たちに真剣に向き合ってくれます。しっかり理解できるまで丁寧に、ときにはより上のレベルの問題を用意するなど、手厚く指導してくださいました。受験勉強以外にボランティア活動にも取り組みました。勉強だけでは気づくことができない、他人への気配りの大切さを学ぶことができました。日本でもトップクラスの研究設備が整っている大学に進学することができたので、このチャンスを生かして将来は胸を張って人類の科学に貢献できたと言えるような研究者になりたいです。