京都両洋高等学校

7つの習慣J

京都両洋高校では、「7 つの習慣J®」という取り組みを行っています。
これは「人として輝く」という学校の方針のもと、
生徒の人間力育成に繋がる取り組みになっております。
「7 つの習慣J®」とは、人として成功する為に必要な能力をまとめた
世界的ベストセラーを、青少年向けにアレンジしたプログラムです。
未来の両洋生の君!一緒に本校で、
今よりさらにステップアップしませんか?

生徒はこうしてステップアップする!

人間力を養い主体性を育む授業「7つの習慣J®

皆さんがこれから迎えようとしている時代は、今までの時代と大きく違ってきます。今までの時代は、リーダーの指示通りに動くことが求められ、例えるなら、まるでレガッタに乗っているような時代だったのです。進行方向を向いているのはリーダー1人で、後ろを向いて漕いでいる残り8人に指示を送っているのです。しかし、これからの時代はそれを求めていません。一人ひとりが今この瞬間に、「どのような行動をとればよいのか」を考え、判断していく時代です。例えるならばラフティングのように、リーダーを含め全員が同じ方向を向いて、次々に現れてくる障害に対して、個々が的確な判断を行い、問題を解決しながら進んでいくのです。リーダーは調整を行うだけなのです。今の社会というのは、一人ひとりが濁流の中で今この瞬間、自分は何をすればよいのかを個々に判断し、協力する生き方でないと生き残っていけません。

「7つの習慣J®」とは

人として成功するために必要な能力をまとめた世界的ベストセラー「7 つの習慣」と、これに基づいて構築され、日本でも10万人以上のビジネスマンが受講した企業向けセミナーを高校生向けにアレンジ。プログラム自体がアクティブ・ラーナーを育てることを目標としており、本校では更にこれに独自のアレンジを加えています。進学実績・クラブ活動実績でもわかるように、受講した生徒は、学校生活を送る上で、より良い学習環境・人間関係を自ら作り出せるようになる、本校人間力教育の基幹として行われています。

  • 書籍は全世界で3,000 万部以上
  • 世界で一番売れたビジネス書
  • 日本でも書籍は200 万部のミリオンセラー
  • 「まんがでわかる7つの習慣」シリーズは、 2014 年単行本ビジネス1 位!
  • この書籍をもとにした研修は世界中の多くの企業で実施されている

「7つの習慣J®」で身に付ける事の出来る力とは?」

京都両洋高校では、「7つの習慣J®」を通して、自主的・自発的に行動する自分自身を土台とし、「人間の徳性」を身に付けていきます。毎週実施する授業では、資格を持った本校教員( ファシリテーター)が生徒の気持ちに寄り添いながら、一人ひとりが積極的に自分自身を出せるように指導。生徒同士、ディスカッションをすることで、本来備わっている力(傾聴力・表現力・問題解決能力等)を引き出します。

「チャレンジカップ2016」の頂点最優秀賞グランプリに輝く!

チャレンジカップとは、本校が導入している「7 つの習慣J®」の全国大会で、2013 年に「経済産業省第3回キャリア教育アワード奨励賞」を受賞している大会です。
生徒自身が自ら挑戦する目標を定め、努力することで、「挑戦する力」「あきらめない力」「達成する力」を育むための大会です。
2008年から開催され、本校は4年連続を含む、全国最多の6回(2008・2010・2013〜2016年)出場を果たし、いずれも最優秀賞に輝いています。さらに今年の「チャレンジカップ2016」では、念願の【最優秀賞グランプリ】に輝きました。2,192 組がエントリーし、20,625 名が参加した大会の頂点です。
( 参照HP http://www.challenge-cup.net/
これからも更なるステップアップを目指していく所存です。
(主催:一般社団法人 日本チャレンジ教育協会)