6月14日(火)本校体育館で第1学年ボランティア学習の一環として中京区身体障害者団体連合会より4名の講師の方々をお招きして福祉教育授業を行いました。
車いす体験では利用者に対する声掛けの大切さ、介助することの難しさを実感することができました。また、実際に車いすを利用しておられる方からのお話では日常生活におけるご苦労だけでなく、車いす利用者へのあたたかい心遣いに感動されたお話など、私たちが日ごろ気づかないことを教えていただく貴重な時間となりました。
「自分たちにできることを相手の立場に立って実行する。」「恥ずかしがらずに勇気をもって声をかける。」小さな気配りと思いやりが、大きな役割を果たすことを教わりました。
また、現在教育実習中の本校卒業生が、自らのボランティア経験と、ボランティアをするうえで自分が大切にしていることを語ってくれました。